Rin's Blog -Beauty-

『美は、心・技・体。』いつまでも、トータルビューティを目指して。
<< 香りでごまかさない「レノア本格消臭 リラックスアロマ」 | main | 手軽に始められる「複合系ダイエットサプリメント」 >>

デロンギの新作エスプレッソマシン体験!

4月16日は「エスプレッソの日」だって知ってた?
この日にちなんで、デロンギより新しく手動式エスプレッソメーカーが発売されるとのこと、体験会に行ってきました。


デロンギは、イタリアに本社を置く家電メーカー。
日本ではオイルヒーターが有名だけど、世界的にはエスプレッソメーカーなどのコーヒー関連製品の売り上げが最も大きいんだって。
それ以外にも、デザイン性も機能性も高いキッチン家電が揃っていて、日本でも愛好者が多いブランド。

カラフルで可愛くて、見ているだけでも楽しくなるね。


さて、4月15日に発売となったのは、こちらの「デロンギ デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー(EC680)」。

税抜47,800円

横幅がわずか15cmというスリムさで、キッチンに置けちゃうサイズ。
見た目も可愛いし、一人暮らしでもこれなら良さそうだ。


さらに機能も優秀!
シンプル操作ながらも、本格的なエスプレッソ・カプチーノが作れる。



デロンギ・ジャパン公認バリスタの阿部さんに、実際の淹れ方を教えて頂いた。

ハンドル部分を外して、挽きたてのコーヒー豆を入れる。


この後、サイドをトントンと手で叩いて、ならすとよいそう。
さらに、ぎゅぎゅっと押して、平らにする。

この押し加減で味も変わってくるんだって。
自分好みにできるように工夫する楽しさもあるね。

後はセットして、ボタンを押すだけで抽出が始まる。
ボタンはシンプルに3つだけ。1杯、2杯、スチームのみ。



30mlのエスプレッソができあがり。
上部には綺麗に「クレマ」ができていて、これがエスプレッソの香りを閉じ込め、口当たりをまろやかにしてくれるのだそう。


お砂糖はたっぷりと入れて頂くのがイタリアでは普通らしい。


こんもり入れてみたら、すごく飲みやすくて、びっくりした。
芳醇な香りがふわっと広がって、苦味がキツイとかもなく、美味しい。


パウダー抽出では豆を挽いて入れる作業が面倒だという人は、「カフェポッド」を使うこともできる。


先ほどのハンドル部分にポンと入れるだけなので、とっても簡単。
掃除も楽。


さて、続いてはカプチーノ。
フロッサー部分で、ミルクをスチームで泡立てる。


泡立てた後に、カップをくるくる回して、トントントンとテーブルに叩くようにすると、きめの細かいミルクになるのだそう。
ほんとだ、ツヤツヤのミルクが出来上がり!


ラテアートも教えて頂いた。


こんな可愛いくまちゃん完成。


私はにゃんこを描いてみた。


ちょっと不恰好になったけど、自分で作るのってホント楽しい♪



この後は、1月にすでに発売されている全自動エスプレッソマシン「デロンギ プリマドンナXS 全自動エスプレッソマシン(ETAM36365)」の紹介があった。

税抜240,000円

豆を挽くところから全自動!


タッチパネル式で、なんともカッコイイ。
細かな設定ができて、自分好みのエスプレッソを作ることができる。


二杯同時にも淹れられる。


カプチーノも、ミルクを入れてセットするだけ。
その上、残ったミルクはそのままポットごと冷蔵庫に入れて保存できるという嬉しさ。


もちろん自分でラテアートすることもできるよ。

一番いいなと思ったのは、掃除が簡単なこと。
内部自動洗浄機能がついているので、私たちが掃除するのはトレイなどの部分だけ。


中のユニットも取り出し簡単で、月に1度、さっと水洗いするだけでOKなんだそう。


なんて手軽!
洗うのが面倒だと思っていた私には、これ絶対いいわー。
家族みんなでコーヒー飲む人なんて、超便利だと思う。


しかし、全自動エスプレッソマシンって結構な価格だし・・・、と思ったら、5月には全自動エントリーモデルも発売されるのだそう。
デロンギ マグニフィカ 全自動エスプレッソマシン(ESAM03110) 」。
税抜95,000円

ちょっとレトロな雰囲気もあるたたずまいが可愛いね。
こちらも豆を挽くところから全自動で、手間要らずでエスプレッソが楽しめる。


4月16日からは、体験試飲イベント「デロンギカフェ」も実施されるとのこと。
毎週土日の13:00〜17:00開催で、4月は限定で「デディカ」のデモンストレーションもやっているそう。
気になる方はぜひチェック!→デロンギ公式サイト


 
デロンギ デディカ エスプレッソ・カプチーノメーカー
楽天市場
Amazon
Yahooショッピング
ヤフオク!
にほんブログ村 美容ブログへ
グルメ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
Instagram

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
HMV ONLINE/エルパカBOOKS