Rin's Blog -Beauty-

『美は、心・技・体。』いつまでも、トータルビューティを目指して。
<< インターコンチネンタル東京ベイ SABONコラボルーム内覧会 | main | 夏までにサイズダウンできるのか!?「3S ボディクリーム」 >>

インターコンチネンタル東京ベイ 永シェフによる新作スイーツ

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのエグゼクティブ シェフ パティシエに、「クープ・デュ・モンド」世界大会など数々のコンテストでの優勝経験を持つ永純司氏が就任!
そして、ザ・ショップ N.Y.ラウンジ ブティックのケーキがリニューアルされたとのこと、新作ケーキの発表会に行ってきました。

ホテルの顔とも言えるラウンジは、素晴らしくラグジュアリーな空間。

岸総料理長は、「情熱大陸」に出ている永シェフを見て、大阪の守口プリンスホテルで同窓ということもあり、じわじわと真綿を締めるようにして引き抜いたとか。笑
さすがトークに長けていらっしゃる総料理長。


とってもイケメンの永シェフ、経歴がすごい!

2004年から ザ・リッツ・カールトン大阪のミシュランレストラン「La Baie」にてシェフパティシエ、2007年よりザ・リッツ・カールトン東京でペストリーシェフ&ショコラティエとして活躍。
2014年「クープ・デュ・モンド」に日本代表として参加し、世界大会で準優勝、 チョコレートピエス部門で1位など、数々のコンテストで優勝。
2016年4月より、ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのエグゼクティブ シェフ パティシエに就任。
◆受賞歴
2006 3つの熟成ヨーロッパコンテスト 優勝
2007 はちみつコンクール 優勝
2007 ワイルドブルーベリーコンテスト 優勝
2010 ルクサルドグランプレミオ 優勝
2010 ぐるなびベストオブメニュー2010 優勝
2014 クープ・デュ・モンド世界大会 準優勝 チョコレートピエス部門1位



今回、気持ちを新たにするために前日に頭を丸めてこられたとのこと。
お年寄りから子供まで楽しめる優しい味わいのケーキ、2つ3つと食べたくなるようなケーキ、2度3度と足を運びたくようなケーキを作りたい、と語っておられた。

リニューアルでは、定番のショートケーキ、モンブランなどをはじめ、旬のフルーツや厳選した食材を使い、ホールケーキ4種類、プティガトー約10種類が販売される。


さて、そんなケーキたちを、さっそく試食♪


まずはホールケーキで頂けるものから。

「キャラメルショコラオランジュ」。


ムースショコラ、クレモーショコラ、クレームオランジュ、ビスキュイショコラ、キャラメルグラサージュの構成。



芸術的な見た目と味のバランスの良さに感動。
ショコラなのに全然重くない。


「ショートケーキ 」。


通常とは違った製法で焼き上げ、弾力と軽さをもたせたスポンジで、しっとりとしたショートケーキ。夏期は桃に変更。


定番でもこんなに違うのか!と驚くほどのしっとりさ。


「ペーシュシャンパーニュ」。


こちらはマンスリーケーキで、5/16〜7/14販売。
桃とシャンパンのムース、白桃のコンポート、赤桃のジュレ、カシスのメレンゲの構成。フルーツ感のあるアントルメ。


「ベイロール」。


軽いカスタードをフワフワしっとりのスポンジで巻き上げたロールケーキ。
シンプルなのに飽きがこない、このふわふわ優しい味は、ぜひ試してみて欲しい。



そしてプティガトー。

ホテルのコンセプトである「ヘルシー・ビューティ・フレッシュ」を代表するような一品、「フルーツトマトのコンポート 」。


表面だけを軽くコンポートし柑橘の香りをつけたフルーツトマトに、グレープフルーツの
ジュレと、卵白だけを使用した柑橘のシブーストを合わせたヴェリーヌ。
見た目も味も爽やかで、夏にもぴったりだ。

「パッションココ」。


マンゴーのジュレ、パッションとココナッツのムース、パッションのクレーム、バナナのソテー、ココナッツのムース、アーモンドのダコワーズで構成。
滑らかな口とけにフルーツ感たっぷり。


「カシス」。


カシスのムースとキルシュのババロアを合わせ、食感にはサブレ。カシスオレンジのシブーストを味わいのアクセントに。
カシスの酸味とバニラの甘い風味が抜群!


「シブストパンプルムース 」。


ザクザクとしたパイにはサワークリームのブリュレを流して焼き上げ、ライチリキュールでマリネしたピンクグレープフルーツをのせ、シブーストを上に構成。最後にしっかりとキャラメリゼ。
私これハマりました。一番好きかも。
フレッシュなのに味わい深いで、食べたいもの全部が詰まっている感じ。

「フロマージュクリュ」。


クリームチーズとフロマージュブランのムースにフレーズデボワを合わせたレアチーズ。
コクのあるチーズの味わいが豊か。


「モンブラン」。


国産の和栗のペーストと軽い生クリーム、渋皮栗とメレンゲ。
定番だからこそわかる、この美味しさ!
和栗の味が生きてて、しつこくなくて、いくらでも食べられそう。


「クレームカラメル 」。


生クリームを使用した濃厚ななめらかプリン。
こういうおいしいプリンを出されると、物が言えなくなりますー。


「シューアラクレーム 」。


しっかり焼きこんだシューにクレームパテシエールをたっぷり詰めたシュークリーム。
ザクザクとした皮が香ばしい。


フレーバードティーもケーキにぴったりで、おいしく頂いた。


試食会では、2つ3つどころか全ケーキ制覇したけれど、いやー、ホントにいくつでも食べられそう!



どのケーキも、繊細なバランスで「優しい」おいしさに溢れてる。
今回は、永シェフの繰り出すマジックに完全にやられました。
ぜひまた足を運びたいと思う。


ホテルインターコンチネンタル東京ベイ
にほんブログ村 美容ブログへ

グルメ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
Instagram

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック
HMV ONLINE/エルパカBOOKS