Rin's Blog -Beauty-

『美は、心・技・体。』いつまでも、トータルビューティを目指して。
<< 老眼?スマホ老眼? その症状と対策とは | main | シューっと簡単UVケア「サンスクリーン スプレー ライオス」 >>

ワンランク上の美白ケア「KOSE 米肌 澄肌美白シリーズ」

今年の夏はすっかり寝込んで外に出られず、期せずしていつもよりも美白しちゃった感じデス。
そんな私が使っていたのは、KOSE 米肌 澄肌美白シリーズ。


米肌と言えば、お米由来の成分「ライスパワーNo.11」。
ライスパワーNo.11は、医薬部外品の効能として、水分保持能を改善できると認められた唯一の有効成分で、数十種類のアミノ酸やペプチド、糖類が、生体に理想的なベストバランスで含まれているそう。
水分保持機能だけでなく、成熟した各層細胞をつくる働き、古い角質を自然に剥がし、皮膚表面を滑らかにする働きなども期待できるとのこと。

そんな米肌の美白ラインが澄肌シリーズ。

 


KOSE米肌 澄肌美白化粧水」は、メラニンの生成を抑えて、気になるシミやソバカスを防ぎながら、キメの整った明るい肌にみちびいていく薬用美白化粧水。
美白有効成分のビタミンC誘導体配合。

120ml 税抜5,500円

お米をイメージしたパッケージがシンプル可愛い。



少し白っぽくて、さらりとしたテクスチャー。

べたつかず、肌にするりと入るような使い心地。
同じ米肌の肌潤と比べると、少しさっぱりとしてる感じだね。
でも、それでいて乾燥は感じないというのは、ライスパワーNo.11の力なのかな。


KOSE米肌 澄肌美白エッセンス」は、肌あれを防ぎながら、美白美容成分がメラニンの生成を抑制し、シミ・ソバカスを防ぐ薬用美白美容液。
ビタミンC誘導体、ビタミンE誘導体配合。

30ml 税抜8,000円

とろりとした柔らかなテクスチャー。


するっと滑らかに肌に伸びて、しとっと肌に浸透する。


こちらもべたつかない、さっぱり目の感触だけど、うるおいも感じられる。
使い続けていたら、なんとなく肌が明るくなったような気がする。



そして、美白スキンケアの後には、しっかりUVケアも。
強力な紫外線をカットし、気になる毛穴をしっかりカバーしながら、自然な肌色にととのえる「KOSE米肌 澄肌CCクリーム」。

30ml 税抜3,500円 SPF50+/PA++++

クリーム・日やけ止め・化粧下地・ファンデーション・フェイスパウダーの機能を持つので、これ1本でベースメイクが完成しちゃう。


柔らかくてみずみずしいテクスチャー。


カラーは2種類あって、私が選んだのは”01普通の明るさの自然な肌色”。


少量でよく伸びて、薄付きなのにカバー力はほどほどにある。
それも自然にカバーしてくれて、やりすぎ感が出ないのがいい。


肌への密着感も良くて、伸ばした後はさらっとして、CCとしてはかなりキープ力も高い感じ。
皮脂吸着パウダーが汗や皮脂を吸着してくれるそうで、オイリー肌の私でも、多少のテカリはあっても汚い崩れ方はしなかった。

澄肌シリーズ、全体的にさっぱりしていて、私はかなり好み♪


KOSE米肌アンバサダープログラムのモニターに参加中

にほんブログ村 美容ブログへ

スキンケアライン | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
Instagram

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rin.vivid.velvet.jp/trackback/1034568
この記事に対するトラックバック
HMV ONLINE/エルパカBOOKS