Rin's Blog -Beauty-

『美は、心・技・体。』いつまでも、トータルビューティを目指して。
<< バリアもキレイも叶う「d プログラム アレルバリア エッセンス BB」 | main | 魅力的な3アイテムが登場!「キールズ新製品発表会」 >>

「キレイと健康のための秘訣」〜あおもりPGの秘密に迫る!〜

青森県庁からの招待で、『「キレイと健康のための秘訣」〜あおもりPGの秘密に迫る!〜』イベントに参加してきました。
場所は丸の内のタニタ食堂


あおもりPGとは、「青森県発機能性素材 プロテオグリカン」のこと。
アンチエイジングの救世主として注目されているプロテオグリカンは、複合糖質の一種。
もともと私たちの体内に存在していて、コラーゲンやヒアルロン酸とともに、肌や軟骨を支える土台のような役割を担っている。

以前はプロテオグリカンの抽出はとても難しく、1gなんと3000万円もする超高額成分だったらしい。
それが、青森の弘前大学にて安全に効率的に抽出する技術が確立され、私たちの手に届く存在に。
弘前大学の高垣教授は、郷土料理の「氷頭なます」からヒントを得て、鮭の鼻軟骨から食用の酢酸とアルコールだけを使ってプロテオグリカンを取り出すこと考案したのだそう。

プロテオグリカンは、美容分野だけでなく、関節痛やアレルギー疾患においても効果が期待されているとのこと。


ヒアルロン酸を超える高い保水力を持つ上に、ヒアルロン酸とコラーゲンを生み出し、皮膚の再生を促進させる効果もあるんだって。


ホントにすごい!


さてさて、丸の内タニタ食堂では、「キレイと健康を作る青森Week 週替わり定食メニュー」として、あおもりPGが入ったドリンクを添えたオリジナル定食「青森県産鮭と温野菜のゆず胡椒あん定食」が登場。

2/6〜2/11の期間限定、1日70食限定、税込1,100円。

定食はほぼ500kcal前後で、今回は562kcalとのこと。

メインは青森県産の鮭、ごぼう、にんじん、長芋。

厚切りでボリュームがあって、大満足な一品。
根菜はゴロゴロと歯ごたえがあって、これがタニタ食堂のこだわりらしく、しっかり噛んで味わうことができるようになっているんだって。


タニタ食堂では1食を20分以上かけて食べることを推奨していて、各テーブルにはタイマーやごはんの重さとカロリーを測れるスケールも置いてあった。

 

こちらは、あおもりPGが入った、青森県産りんご使用のりんご黒酢炭酸割り。


小鉢と汁物は日替わりで、今回は、小松菜とにんじんのアーモンド炒め、梅風味冷奴、しめじのすまし汁だった。

 


食事の後は、美容家 田中愛さんのセミナー。

プロテオグリカンの保水力のすごさや、効果的なプロテオグリカンのつけ方などをレクチャーして頂いた。

続いては、ビューティーフード研究家 室谷真由美さんによるセミナー。

私たちの身体は食べたものでできていること、生命力のあるホールフーズを食べるのが良いとのこと。玄米はイチオシ。
私、精製されたもの大好きなので、ちょっと見直そうと思った。


お土産には、あおもりPGが配合された商品がこんなにたくさん!

化粧品から食品まで、体の内外からプロテオグリカンの力を取り入れられそう。
使って変化を見るのが楽しみ♪


青森県発機能性素材 プロテオグリカン
ブログで口コミプロモーションならレビューブログにほんブログ村 美容ブログへ

 

美容イベント | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
Instagram

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rin.vivid.velvet.jp/trackback/1034658
この記事に対するトラックバック
HMV ONLINE/エルパカBOOKS