Rin's Blog -Beauty-

『美は、心・技・体。』いつまでも、トータルビューティを目指して。
<< 先進のナノカプセルが届ける「バイタル コンディショニング セラム」 | main | だるい全身の疲れに速攻ケア「チョコラBBゴールドリッチ」 >>

カプリ島門外不出のフレグランス「カルトゥージア」

コスメラウンジより、世界で一番小さな香水製造所 「カルトゥージア」の香水を頂いた。

現品は50ml 税抜12,000円

1940年、古文書の中から不思議な香りの水の話をもとに、ローマ法王のお許しを得て、伝説の香水を再現することに成功したというのがカルトゥージア。
カルトゥージアは修道院という意味だそう。
カプリ島の香り高い果実ハーブをはじめとする天然原料を用い、古来のメソード通りにひとつひとつ手で仕上げられる完全な限定生産で、2002年まではカプリ島門外不出のフレグランスだったらしい。

そんな貴重なフレグランス、使ってみたのは「メディテラネオ オーデトワレ」。
紋章のような模様のデザインがいいね。


地中海をイメージした香りだそうで、
トップノートは、ワイルドミント、レモン、リトセア、ユーカリ、ベルガモット。
ミドルノートは、ジャスミン、カルダモン、ワイルドフラワー、マンダリン。
ラストノートは、ホワイトムスク。


爽やかな柑橘系の香りが最初に漂って、すっきりとした印象。
それが徐々に甘みのある香りに変わり、爽やかなだけでなく、豊かな膨らみのあるイメージになる。
ナチュラルで、これから夏に向けてぴったりの香り。


もう一つ、「ヴィア カメレーレ」のサンプルも使ってみた。


こちらも爽やかな柑橘系ではあるけれど、少しスパイスの効いたユニセックスな香り。

どちらの香りも気に入った♪
最近はなんとなく体がナチュラルなものを求めているようで、ちょうど自分に合致したのかも。
私の香水ローテーションに入ること間違いなしの素敵なフレグランス!

 

にほんブログ村 美容ブログへ

フレグランス・アロマ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
Instagram

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rin.vivid.velvet.jp/trackback/1034738
この記事に対するトラックバック
HMV ONLINE/エルパカBOOKS