Rin's Blog -Beauty-

『美は、心・技・体。』いつまでも、トータルビューティを目指して。
<< 多角的にアプローチするブースター美容液「ヒアルミルフィーユ HMアルファセラム」 | main | スリムアップスリム 乳酸菌+スーパーフードシェイク ミックスベリーラテ >>

肌活力を高める「DHC 潤米(URUMAI)シリーズ」新商品発表会

先日、赤坂のCROSS TOKYOで行われたDHCの新商品発表会に参加してきました。


2017年6月8日に新発売されるのは「潤米(URUMAI)シリーズ」。
潤米は、「米」から抽出したDHC独自の新美容成分を配合した、「肌力」を上げる天然由来成分100%のスキンケアシリーズだそう。


アイテムは3つで、潤米ソープ、潤米ローション、潤米ミルキーエッセンス。
シンプルな3ステップのケア。

・DHC 潤米ソープ 75g  税抜1,100円
・DHC 潤米ローション  145ml  税抜2,000円
・DHC 潤米ミルキーエッセンス 50g  税抜2,400円


お米を使ったスキンケア製品はこれまでにもあったけれど、今回DHCが注目したのは、お米の中にたった7%しか含まれていないタンパク質から抽出された「ライスペプチド」。
タンパク質を構成するペプチドから、肌に生理活性作用のある部分だけを選別し、作られたのがライスペプチド1型と、ライスペプチド2型。


2種のライスペプチドのW作用で、細胞の増加&分化を促して美肌サイクルを整え、傷んだタンパク質を分解して老廃物を除去してくれる。
保湿・抗酸化・抗光老化のすべてをカバーして、肌の底力をアップしてくれるとのこと。

潤米シリーズには、共通美容成分としてこのライスペプチドと、バリア機能を改善して肌キメを整えるサッカロミセス/コメヌカ発酵エキス、肌弾力を高めてハリをサポートするコメエキスが配合されているそう。
さらに、天然由来成分100%で、合成界面活性剤・香料、着色料、防腐剤、石油系合成原料、鉱物油フリー処方。停止毛ぎなので、敏感肌にも安心して使えるんだって。

ライン使いによる有用性試験では、保湿、弾力(ハリ)、明るさ、キメの細かさ、毛穴の目立ち、どのデータでも、肌が改善されたという結果に。


会場で実際に試してみることもできた。

潤米ソープは、お米の形がカワイイ♪

昔ながらの釜焚き製法で、じっくりことこと作られた無添加せっけん。
つっぱりにくく、しっとりした洗い上がりで、肌荒れ予防もできるのだそう。


潤米ローションは、すーっとなじむ高機能化粧水。


さらっとしたテクスチャーで、肌に素早くなじんでくれる。

すぐに肌が潤うような感触で、乾燥による小じわを目立ちにくくする働きがあるそう。
 

潤米ミルキーエッセンスは、ライスペプチドを高配合した濃密美容液。


とろんとした乳液状のテクスチャーで、肌にするっと伸びてくれる。


最初の伸びの良さではさっぱり目の感触だと思ったんだけど、肌になじませた後は、まるでクリームで保護した後のようなしっとり感がある。
ニオイやべたつきもなく、かなり心地良く使える!

この内容で、この使い心地で、この価格、さすがDHCだ。
 

イベントでは、潤米シリーズのイメージモデルである、女優の臼田あさ美さんも登場し、トークショーもあった。


臼田あさ美さんは、肌が敏感なため、保湿を心がけているそう。
あまりスキンケアに時間がかけられない時もあるので、アイテムを持ち歩いて、気になったらその場でケアをしているんだって。
チップクリームを塗る感覚で、マメにちょこちょこと付けるとのこと。なるほど。

全員と記念撮影も♪


お米をテーマにした可愛いフードも頂き、素敵な発表会だった。


お土産に頂いた、お米で作られているDHCオリジナルクッキーもすごく可愛くて、食べるのがもったいないくらいだった。食べたけど。笑



DHC 様に招待いただきました
DHCオンラインショップ

にほんブログ村 美容ブログへ

スキンケア系イベント | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
Instagram

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rin.vivid.velvet.jp/trackback/1034778
この記事に対するトラックバック
HMV ONLINE/エルパカBOOKS