Rin's Blog -Beauty-

『美は、心・技・体。』いつまでも、トータルビューティを目指して。
<< 30代・40代の老け胸をリフトアップ!「胸不二子ブラ」 | main | 贅を極めるプレミアムエイジングケア「アレクサンドル ドゥ パリ」 >>

「VOCE×小田切ヒロ×コスメデコルテ」最旬小顔メイクイベント

先日、GINZA SIXで開催された『小田切ヒロpresents「どこよりも早い最旬小顔メイク」supported byコスメデコルテ』に行ってきました。


小顔王子として注目を浴びるヘアメイクアップアーティストの小田切ヒロさん。


4月に初の著書「小田切流小顔道」を発売したとのこと、小顔になる秘訣についてたくさんお話して頂いた。


小顔のためには、入れ込むケアばかりでなく「排出ケア」が最も大事だとのこと。
小田切さんは、クレンジングになんと15分もかけているのだとか。
そして、美容ライターの前田美保さんとともに絶賛していたのが、「コスメデコルテ AQ ミリオリティ リペア クレンジング クリーム」。

とにかく使ってみたくなったー。

クレンジングの次には洗顔。
VOCEの洗顔・クレンジング部門で1位にもなった酵素洗顔の「コスメデコルテ フィトチューン クリア パウダーウォッシュ」もおすすめだそう。

洗顔ブラシとして、チークブラシを使うと肌に優しくよく落ちて良いんだって。初耳!


そしていよいよ、秋のトレンドを取り入れた小顔メイクのレクチャーに。
今季はセミマットな肌がくるそう。
三角ゾーンと鼻を「ラクチュール パーフェクトポアカバー」でなめらかにした後、目周りを「ラクチュール ブライトニングベース」で明るく。
そして、ルースタイプのファンデ、「コスメデコルテ ラクチュール ルースファンデーション N 」。

ルースタイプはフォギーで赤ちゃんっぽい肌になるのが良いとのこと。
中央から外へ塗り、そばかすなどはカバーしすぎず、あえて透かせるのが今風らしい。

ラストはブラシで磨いて、フィックスさせる。

「AQ MW アイクレヨン」は雑に乗せてOK。カラーはBR321。

こちらは8月21発売。

私が一番気になったアイテム「AQ MW アイグロウ ジェム」BR384。


ブラシで入れ、アイクレヨンで作ったラインをぼかす。
アイホールの上まで超えて入れ、目尻も超えて入れるのだそう。

さらにアイクレヨンをインサイドに入れて、アイグロウジェムを涙袋に入れて、1色だけなのに、すごく深みのある目元になってた。
赤みブラウンでインサイドに入れると、瞳に透明感が出るんだって。
マスカラも赤みブラウンで、シンプルにとかし上げる。ゴテゴテ付けずに、毛先をスクリューブラシでとかして、丁寧に仕上げること。

今回なるほどと思ったのが、眉頭を立たせること。

一気に垢抜けるポイントだそうで、ほんの1cmを立たせるだけで、立体感が生まれていた。

チークの入れ方も、今季は肌の質感を活かしたものに変化。
耳の前から小鼻に向かって、真横にすっと入れる感じ。

顔がきゅっと引き締まって見える。
さらにベージュチークを耳の下からアゴ下に向かって入れると、さらに小顔に。

リップクリームは、単なる赤リップを卒業して、ローズ系赤を。
夏は唇の中央にポンポンとスタンプするように乗せて、軽く使うと良いそう。
中央にさらに色を重ねることで、奥行きも出る。


完成。スミス楓ちゃん激カワ。


最後は一緒にお写真も撮って頂き、アイグロウジェムのおすすめカラーも教えて頂いた♪

お土産に著書も頂いたので、小顔目指してさっそく読んでみたいと思う!

 

にほんブログ村 美容ブログへ

メイク系イベント | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
Instagram

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rin.vivid.velvet.jp/trackback/1034830
この記事に対するトラックバック
HMV ONLINE/エルパカBOOKS