Rin's Blog -Beauty-

『美は、心・技・体。』いつまでも、トータルビューティを目指して。
<< 日本未発売品も!「COWSHED Christmas 2018 Gift Collection」 | main | 世界特許!12時間継続のビタミンC「ビタブリッドC フェイス ブライトニング」 >>

ヒルドイドと同じ成分が化粧品に!「コジット ヒルセリンシリーズ」

乾燥や炎症をともなう皮膚疾患や、アトピー性皮膚炎による肌の乾燥などの際、医療機関で処方される医療用保湿剤「ヒルドイド」。
ヒルドイドの主成分「ヘパリン類似物質」は、保湿・保水、血行促進、抗炎症などの効果があり、乾燥あれ肌を内部から治してくれる作用がある。
そのため、究極のアンチエイジングクリームなどと呼ばれて雑誌やSNS等で話題となり、健康保険を使って安価に求められることから、美容目的で処方してもらう人が増えたのだそう。
その薬剤費は、なんと年間93億円!
健康保険財政を圧迫し、本来必要としている患者への医療負担が増えるということで問題となり、最近ではなかなか処方もされにくいとか。

そんなヒルドイド問題から救ってくれるアイテムが、2018年9月18日に登場!
コジットから発売された「ヒルセリンシリーズ

・ヒルセリンローション 100mL 税抜1,480円
・ヒルセリンクリーム 50g 税抜980円


ヒルドイドと同様のヘパリン類似物質が配合されたクリームとローション。
しかも、配合率もヒルドイドと同じで、使用感も変わらないんだって。

さらに、ヘパリン類似物質以外にも、肌あれをケアするグリチルリチン酸ジカリウム、美肌保水成分のヒアルロン酸ナトリウム、リピジュア®、ベール機能油脂成分としてスクワランなども配合。
医療用保湿剤よりもさらに保水力があると言えそう。


ヒルセリンのローションとクリームの有効成分は同じで、テクスチャーが違うだけらしい。

ヒルセリンローション」は、広範囲に塗り広げられる乳液タイプ。

ポンプボトルなので、お風呂上りなどにさっと塗るのに便利。

ローションという名前だけど、テクスチャーは乳液。
みずみずしくするりと伸びて、すっと肌になじむ。


べたつかないので、塗った後にもすぐ洋服を着られる。
それなのに、しっとりと肌が落ち着いていて、この使用感、すごく好きかも。


ヒルセリンクリーム」は、ピンポイントに塗り重ねられるクリームタイプ。

こちらは必要分量が取り出しやすいチューブタイプで、ワセリンも配合。

しっかりとしたクリームで、コクもある。
とは言っても、重々しいほどでなく、伸びも良くて塗りやすい。


こちらもべたつかず、しとっとした肌になる。
ローションよりも保湿感が高いので、より乾燥が気になる方にもいいかも。


どちらも気になるニオイもなくて、すごく使いやすいと思った。
医薬品ではないので、バラエティショップやドラッグストアで買えるし、お値段もかなりお手頃!
保険適用のヒルドイドは確かに安いけれど、病院に行けば薬代以外にも診療費もかかるし、時間もばかにならないから、ヒルセリンの方がお得じゃないかな。


実はコープ限定で、ミニサイズも販売予定なんだって。


これ、旅行用にもいいし、お試ししたい人も欲しいよね。
こちらもストアで買えるようになるといいのにな。

にほんブログ村 美容ブログへ

クリーム・ジェル | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
Instagram

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rin.vivid.velvet.jp/trackback/1035168
この記事に対するトラックバック
HMV ONLINE/エルパカBOOKS