Rin's Blog -Beauty-

『美は、心・技・体。』いつまでも、トータルビューティを目指して。
<< 数量限定「ファンケル ディープチャージコラーゲン スティックゼリー 葡萄&カシス」 | main | マイクロニードル技術で角層の深くまでうるおいをい「ナビジョン HAフィルパッチ」 >>

乾燥や肌あれをくり返す弱バリア肌に「フィルナチュラント エクスバリア」発売!

ドクターズコスメのフィルナチュラントから、2019年10月16日に、肌のバリア機能に着目した新しいスキンケアシリーズ「X-Barrier(エクスバリア)」が登場。


先日、ドクターフィルコスメティクスさんからご招待頂き、「エクスバリア先行体験イベント」に行ってきました。


肌が乾燥する、肌あれをくり返す、刺激を感じる…、こういった肌状態は一般的に敏感肌と思われているけれど、実は肌が敏感なのではなく、肌のバリア機能が低下しているからなのだそう。
エクスバリアはそんな「弱バリア肌」のために、皮膚科医監修で生まれたスキンケアブランド。

ラインナップは全5アイテム。
クレンジングクリーム、洗顔クリーム、化粧水(3種)、美容液ゲル、クリーム(2種)。


全商品に、日本独自の天然高分子「サクランTM」が配合されている。
サクランは、九州の一部の湧き水と地下水にしか生息しない「水前寺海苔」から約1%しかとれない成分で、ヒアルロン酸の約5倍もの保水力を持つらしい。
そのため、肌の上に高保湿の「擬似バリア膜」を形成し、弱ったバリア機能をサポートするとのこと。

触ってみたら、ゼリー寒天のようにプルプル。
すごいのが、なんと1週間経っても乾かずにプルプルしてるんだって。


エクスバリアの基本3品「化粧水+美容液ゲル+クリーム」は、角質バリア層・皮脂バリア層・疑似バリア膜の3つのバリア層に不足している成分を補って強化してくれるそう。
水分蒸散を防ぎつつ外部刺激をブロックし、バリア力を底上げするとのこと。


化粧水「エクスバリア リペアローション」は3種類あって、テクスチャーや保湿感で選べる。

150mL 税抜4,000円

「機覆笋笋靴辰箸蝓法廚蓮透明でサラリとしたテクスチャー。


みずみずしくて、さっと肌になじむ。
さっぱり系ではあるけれど、保湿感が足りないということはなく、べたつかずしっとりと落ち着く。


「供覆靴辰箸蝓法廚蓮△曚鵑里蠻鬚辰櫃、こちらもサラッとしている。


肌なじみは気汎韻犬茲Δ卜匹て、するっと肌に入ってくれる。
オイルinリン脂質カプセル配合で、なじんだ後の肌感触はやはり気茲蠅發靴辰箸蝓


「掘覆箸討發靴辰箸蝓法廚砲覆襪函△気蕕貿鬚気ある。でも感触はサラリ系。


オイルinリン脂質カプセルがさらにたくさん入っているそうで、なじみは良いけど、少しペタッとした感じがある。でも、しばらくすると落ち着く。
化粧水とは思えないくらいの保湿感があって、乾燥が気になる方にはすごく良いと思う。


次に使う美容液ゲル「エクスバリア リペア ゲル AL」は、プルンと柔らかなゲル。

50g 税抜4,000円

みずみずしく、スルスルと肌に伸びてくれる。


モイストヴェールがうるおいを密封してくれるとのこと、もうこれだけでも良くない?と思ったくらい、しっかりと守られ感がある。



しかし、この後さらに保湿・保護クリーム「エクスバリア リペア クリーム」を重ねて守り、バリア機能の形成をサポートする。

44g 税抜5,000円

クリームは2種類あり、テクスチャーや保湿感で選べる。


「機覆靴辰箸蝓法廚蓮△佞っとした柔らかなクリーム。


肌の上でとろけるように軽く伸びてくれる。
軽めの使用感でも、物足りなさを感じるどころか、しっとりとして、うるおいたっぷり。
べたつきはほとんどなく、ライトな使い心地が好きな私は、かなり気に入った。


「供覆箸討發靴辰箸蝓法廚蓮▲イル成分がリッチに配合され、ひどい乾燥に悩む方向け。


濃密でこってりとしたテクスチャーで、いかにも高保湿!という感じ。 
塗ったすぐは多少ベタっとするけれど、なじんでしまえば問題なし。
これだけちゃんとした覆われ感があると、乾燥がひどい方の助けになると思う。


どのアイテムも、余計な添加物は入っていなくて、刺激などはなし。
敏感になっている弱バリア肌方向けなので、肌がゆらぎがち時期でも気にせず使えた。


約10日分の化粧水・美容液ゲル・クリーム3品が入ったトライアルセット(税抜1,364円)もあるので、気になる方はそちらから試してみるといいかも。


X-Barrier(エクスバリア)

にほんブログ村 美容ブログへ

スキンケア系イベント | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
Instagram

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://rin.vivid.velvet.jp/trackback/1035455
この記事に対するトラックバック
HMV ONLINE/エルパカBOOKS