Rin's Blog -Beauty-

『美は、心・技・体。』いつまでも、トータルビューティを目指して。

W美容液で相乗効果!「リソウ リペアジェル&リペアビューティーエッセンス」

独自の生命体技術により開発された成分が有名な美容液「リソウ リペアジェル」。
このリペアジェルと一緒に使用することで相乗効果が得られるという「リソウ リペアビューティーエッセンス」と、二つの美容液を使ってみた。


リペアジェルは、医学誌にも掲載されたエイジングケア美容液。
洗顔後これ1本でもOKなオールインワン。

32ml 税込16,200円

無農薬栽培米から作り出した美容成分「コメ発酵生命体®」と、コラーゲンをサポートする「ビタミンC生命体®」配合。
それも、超微粒子成分で配合しているため、肌のすみずみまで行き渡るとのこと。
そして、水さえも使用していない100%美容成分で、100%植物由来。
成分が空気に触れない衛生的なエアレス容器なんだけど、100%天然由来成分なので、未開封で1年以内、開封後には6ヶ月以内が使用期限だそう。


テクスチャーはかなりドロリとしていて、粘度が高い。


正直言って伸びは良くなくて、まるで糊を塗ってるかのような重さ。
肌にもスッとは入っていかなくて、しばらくテカテカしてる。


でも、なじませてしばらくした後は、しっとりもっちり。
使い続けると肌が柔らかくなるようで、この使いにくさを払拭してくれるくらいのパワーを感じる。
もしドロッとした感触が苦手なら、化粧水を混ぜて使うといいらしい。


そして、リペアジェルを使った後に、リペアビューティーエッセンスを。
リペアジェルが「攻め」の美容液、リペアビューティエッセンスは「守り」の美容液という位置づけ。
リペアジェルがコラーゲンサポートで肌の悩みを根本ケアしてくれるのに対し、リペアビューティエッセンスは、バリア機能のサポートに特化しているとのこと。

32ml 税込16,200円

100%天然由来のエッセンスで、皮脂膜・角質内脂質・天然保湿因子というバリア機能の元となる3大保湿因子をサポートし、リペアジェルの働きを高めてくれるとのこと。
同じような容器だけど、こちらはゴールド。


こちらはリペアジェルのように重くはなく、みずみずしくとろんとしている。
少し白っぽい色。


するっと肌を滑るように伸びてくれて、使いやすい。


リペアジェルの上に重ねても、すんなりなじんでくれる。
べたつきもなく、しっとりとしてイイ感じ。

美容液のダブル使いって贅沢な気がするけれど、確かに両方を使うことで、単体以上に肌が安定しているように思った。
今の時期は乾燥が厳しいので、ちょっとしたことで肌調子が崩れがちなのが常だけど、リソウの美容液を使っていると、そういったことが少ない。

リソウの商品は他にも色々と使っているけれど、どれも好感触なんだよね。特にファンデーションはかなりお気に入り。
臨床試験でも8つのスキンケア効果が認められたというリペアジェルの力、これからも使っていきたいと思う!


リソウファンページ

にほんブログ村 美容ブログへ

 

美容液 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

大注目の100%オーガニックオイル「ピュアオイルドール サボテンオイル」

モロッコ発のオーガニックスキンケアブランド「PureOild’or(ピュアオイルドール)」より、2017年9月からGINZA SIX 4Fにて販売されている「ピュアオイルドール サボテンオイル」を使ってみた。

20ml 税込8,640円
モロッコの厳しい乾燥・砂漠の環境で育った植物は、素晴らしいパワーを秘めている。
中でも、サボテンオイルには、有名なアルガンオイルをも凌ぐ保湿力・抗酸化力があるらしい。
希少性も高く、モロッコやヨーロッパでは高級なアンチエイジングオイルとして知られているそう。

ピュアオイルドール サボテンオイルは、エコサート、USDAのオーガニック認証を受けた100%オーガニックのウチワサボテン種子オイル。
抗酸化作用の高いビタミンE含有量は、アルガンオイルの1.6倍、オリーブオイルの3.2倍も!
さらに若返り成分と言われる必須脂肪酸のオメガ6は、アルガンオイルの1.8倍、オリーブオイルの8.3倍も含まれているとのこと。
シミ、シワ、たるみ、くすみなどのエイジング対策に力を発揮してくれそうだ。

少し緑がかった黄色のオイル。


オイル独特の香りに、ほんのり草っぽい香りがする。


テクスチャーはしっかりと重さがある。
アルガンオイルのようなサラサラ感はないけれど、べたつかず、肌への浸透感が良い。


化粧水前のブースターとして使うと、その後のスキンケアの浸透感が高まって、さらに、スキンケア後の保湿感もぐっと上がる。
気になる部分のスペシャルケアとしても使えて、目元の小じわなどにも。
さらには頭皮ケアにも良いそうで、ちょっと贅沢だけど、頭皮マッサージにも使えちゃう。

ピュアオイルドール サボテンオイル使い始めてから本当に乾燥を感じないし、肌がもっちりとしてハリ感も上がったよう。
エイジングケアしたい人にはオススメだと思う。


そして、このサボテンオイルの収穫・加工は、モロッコ農村部の女性たちに安定した仕事を提供し、自立支援を促す助けにもなっているとのこと。
そう考えると、積極的に使いたくなるね。

 

にほんブログ村 美容ブログへ

 

 

 

美容液 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

マッサージ美容液で理想の輪郭に「ビーグレン QuSomeリフト」

年と共に気になってくる肌のたるみ。
これを引き上げ、引き締めてくれるという美容液がb.glen(ビーグレン)の「QuSomeリフト」。

60g 税抜7,000円

たるみやほうれい線が気になる肌のためのマッサージ美容液。
独自の複合成分「QuSomeフェイスリフトコンプレックス」配合で、重力と加齢に負けない引き上がった肌へ導いてくれるそう。


マッサージというと、夜のお手入れに取り入れることが多いと思うんだけど、ビーグレンが提唱しているのは、なんと「朝リフト」。
寝ている間に肌の修復が終わり、肌がリフレッシュした状態の朝は、肌を引き締め、引き上げる最も効果的な時間なのだそう。
さらに、顔のむくみやすい朝に、優しくマッサージしながらQuSomeリフトを肌の奥に送り込むことで、すっきり引き締まった顔にもなれるとのこと。

テクスチャーはかなりゆるめのクリーム。ちょっとジェルっぽいようなみずみずしさもある。


最初はマッサージするには軽すぎないかな?と思ったけれど、全くそんなことはなく、伸びも指すべりも良くて、マッサージをしている間に乾いてくることもない。


ビーグレンが勧める使用方法はコチラ↓


ビーグレン独自のシャープリフティングで、マッサージを終えるとすっきり!
マッサージをやるとやらないとでは、フェイスラインのもったり感が全然違うなぁと実感した。
さらに、肌がピンと張るような、引き締められるような感触もあって、ハリ感も上がったよう。
ベタつきやモロモロが出ることもないので、メイク前に使っても大丈夫。


ビーグレンは、肌悩み解決のための8つのプログラムを用意いていて、それぞれのトライアルセットがあるので、最初はそちらで試してみるのがおすすめだと思う。
QuSomeリフトは、たるみ・ほうれい線ケアトライアルセット」に入ってるよ。


ビーグレンTOPページ

にほんブログ村 美容ブログへ

美容液 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

絹職人の手の美しさの秘密「dear mayuko イノセントスキンセラム」

“一生モノのきれいをつくる”をコンセプトに、2016年11月1日に生まれたライフスタイル提案型のビューティーブランド「dear mayuko(ディアマユコ)」。
プレ美容液の「dear mayuko イノセントスキンセラム」をモニターさせて頂いた。

20ml 税抜7,800円

dear mayukoのアイテムには、繊維メーカーのセーレンが持つ独自の技術で高純度で精製された「ピュアセリシン™」が配合されているそう。
セリシンは、繭から抽出した天然のたんぱく質。絹を扱う職人が、冷たい水に手をさらしながらも、白くてなめらかな肌を保っていたことから発見された成分なんだって。
人間の皮膚の天然保湿因子(NMF)のアミノ酸と似ていて、肌にやさしい成分であり、肌本来の働きを守り、補い、バリア機能を助けるスキンケア機能を備えているのだそう。
ピュアセリシン™は、分子の大きさが均一に整えられているため、肌に浸透しやすく、高い保湿効果を発揮するらしい。

イノセントスキンセラムには、シリーズ全製品の中で最も多くセリシンが含まれているプレ美容液。
スポイト式で清潔に使える。


使用方法は、洗顔後、10円玉大程度を手のひらにとって肌になじませる。
化粧水の前後に使用すると、スキンケア効果をより高めることができるみたい。


テクスチャーはサラサラ。
とろみもほとんどなくて、まるで水のよう。
肌に伸ばすと、すっと素早くなじんでいく。


刺激もなく、しっとりと柔らかく落ち着く。
べたつきもなくて、さっぱりとした使用感なのに、これを使うと肌がふんわりとするようで、次に使う化粧水の入り方も良くなる感じ。
いつものスキンケアにプラスするだけで、繭のように肌を守ってくれそうな印象!

パッケージのシンプルな可愛さも魅力。


繭をイメージしてるのかな?他のシリーズはこの模様部分が微妙に形が違っていたりして、並べて置くとすごい可愛いかも。(´∀`*)

 

にほんブログ村 美容ブログへ

美容液 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

発酵”生”セラム「ジェニフィック アドバンスト デュアル コンセントレート」

私が愛してやまないコスメブランドの一つ「ランコム」。
中でもジェニフィック アドバンストは、何本リピしたか分からないくらいのお気に入り美容液。
そんなジェニフィックシリーズから、2017年8月18日に新たに登場した発酵美容液「ジェニフィック アドバンスト デュアル コンセントレート」を使ってみた。

20ml 税抜10,000円

年齢や肌質に関係なくやってくる、ゆらぎ肌。
私もどんなにケアしていても、やっぱり肌がゆらぐことが年に何回かはあるんだよね。
ジェニフィック アドバンスト デュアル コンセントレートは、そんなゆらいだ時に必要なエイジングケアに着目した、1ヶ月の集中ケア美容液。

特徴的なのは、高い抗酸化力で知られる自然由来の「フェルラ酸」を、使用開始直前までフレッシュな状態で密閉していること。


使用前に、ブルーカートリッジのキャップを押しながらひねると、フェルラ酸が飛び出してきて、ビタミンEや乳酸菌エキスが豊富に配合された「発酵エキス」のベースと混ざり合う。

ほわほわんとブルーの液体が出てきて、何だか幻想的!

ボトルを良く振って混ぜ合わせる。


空になったブルーカートリッジを取り外して、シルバーピペットを付ければ出来上がり。

発酵「生」セラムなので、混ぜ合わせてから2ヶ月以内に使い切るようにとのこと。
使用期限を書いておけるメモホルダーも付いてる。

このピペット、自動リフィル式で、キャップを閉めた時に自動的に最適な量を吸い上げてくれるので、使いやすくていい。


中の液体は、ほんのり紫色。


ジェニフィック アドバンストは洗顔後すぐに使う美容液だけれど、こちらは通常の美容液と同様に化粧水の後に使う。
とろみがあって伸びが良く、するりと肌になじんでいく。


香りがちょっと独特で、いかにも発酵してます!という感じの香りがする。
好き嫌いが分かれるかもだけど、私は発酵系コスメが好きなので、逆に安心できる。

ちょうど肌調子が悪い時に使い始め、1週間くらいで、気になっていた肌のざらつきが減ってきて、肌ツヤが戻ってきた。
最近、年齢のせいか、肌調子を崩すと治りが遅いと感じていたんだけど、一気に回復に引き上げてくれるような手応えがあった!
1ヶ月しっかりと集中ケアしたら、かなり良さそうだ。
期待して使い切ってみようっと。


LANCOME 公式サイト
にほんブログ村 美容ブログへ

美容液 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

紫外線ダメージをケア「チューンメーカーズ フラーレン」

使う人のそれぞれの悩みに合わせて、原液をそのまま使えるコスメブランド「TUNEMAKERS(チューンメーカーズ)」 。
必要な成分をカスタマイズできて、私もいくつか原液を揃えていて、お気に入りのブランド。
今回使ってみたのは、「チューンメーカーズ フラーレン」。

10ml 税込3,240円

フラーレンは、紫外線を浴びた瞬間からダメージの進行を食い止めてエイジングケアをしてくれる上、浴びてしまった紫外線ダメージをケアもしてくれるそう。
フラーレンは「トラブル吸収スポンジ」とも言われ、日焼け止めで防ぎきれない紫外線によるくすみ・乾燥・毛穴・ハリ不足などの「トラブルの元」をスポンジのように吸収し、ダメージを蓄積させないんだって。

さらにチューンメーカーズのフラーレンは、余計な成分を含まず、化粧品の成分にそのまま使われる原液なので、肌にまっすぐ届くとのこと。
フラーレンを規定値以上配合した商品のみ使用することができる「Radical Spongeロゴ」もしっかりと付いている。


使い方は、そのまま美容液として2〜3滴をつけるだけ。
化粧水などと組み合わせて混ぜたりしてもOK。


テクスチャーはサラッとしていて、水のよう。
肌なじみが良くて、伸ばすとススッと肌に浸透する感じ。


少量で全体に使えるので、小さめボトルでもコスパは悪くなさそう。
伸ばした後はすぐに肌表面はサラサラになって、他のスキンケアの邪魔をしない。


まだ使い始めたところだけど、日中ちょっと紫外線を浴びちゃっても、そんなにくすみや乾燥が気になってないかも!
このままフラーレンでケアしていったら、トラブルなしで透明感のある肌になれそうな気がする。


チューンメーカーズ

にほんブログ村 美容ブログへ

美容液 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

大人の毛穴ケア美容液「ナチュラルエレメンツ バランシングセラムC」

30代以降の毛穴の目立ちは、洗顔をいくらしっかりしても改善されないもの。
それは、毛穴が目立つ原因が、メラニン蓄積型のいちご毛穴、コラーゲン不足によるたるみ毛穴、乾燥による開き毛穴といったものであるためだそう。
そんな大人の毛穴悩みを解決してくれる美容液が「ナチュラルエレメンツ バランシングセラムC」。

30ml 税込5,250円

保湿成分グリセリンと反応させた、保湿型高濃度ビタミンC誘導体配合で、「黒ずみ毛穴」「たるみ毛穴」「開き毛穴」とすべての毛穴に対応してくれる美容液。
通常のビタミンC誘導体の1.6倍の持続力があり、毛穴に長時間働きかけるのだそう。
ビタミンC誘導体は、メラニンに働きかけるだけでなく、コラーゲンを増やしてハリを生み出し、皮脂の分泌をおさえる効果もあるマルチな成分。
さらには、保水力が高くリフトアップ効果があるプロテオグリカン、炎症抑制効果で開き毛穴にアプローチするグリチルリチン酸2K、過剰な皮脂を抑制するローヤルゼリー酸といった天然由来成分も配合されている。
効果を重視したシンプル処方で、防腐剤フリー。

スポイト式で、清潔に使える。

テクスチャーはさらっとした化粧水のようで、ほとんどとろみがない感じ。


サラサラだけど肌なじみは良く、まろやかに伸びて、すっと肌に入り込む。
べたつきなどはなく、心地良く使える。


これまでに使った高濃度ビタミンC配合のスキンケアは、刺激や乾燥を感じるものもあったけど、バランシングセラムCはそういったこともない。

使い始めて数日で、毛穴の目立ちが改善されているのを実感した。
特に私は頬のたるみ毛穴が気になっていたんだけど、ファンデーションを塗る時に、ふと、そう言えばあんまり毛穴落ちしてない!と気づいてすごく嬉しくなった。
毛穴だけでなく、肌全体の透明感も増してきたようで、かなり手応えを感じた美容液!


本当にお気に入りなので、サイトの方にもちょこっと登場させて頂いちゃった。

毛穴に悩む方に、ぜひ使ってみて欲しいな。


ナチュラルエレメンツ バランシングセラムC
にほんブログ村 美容ブログへ

 

美容液 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

高品質レチノールで年齢肌対策「DHC 薬用レチノAエッセンス」

最近、疲れてくると目の下に出る気がする。
ふっくらした目元が欲しくて使い始めたのが「DHC 薬用レチノAエッセンス」。

5g×3本 税抜3,600円

エイジングケア成分「レチノール」を配合した美容液。
レチノールは、肌の弾力を保つコラーゲンの生成に働きかけて、角層細胞をふっくらとさせ、やわらかな弾力とハリを与えてくれる成分。
さらに、ターンオーバーもサポートして、古い角質の排出を促してくれる。
本来レチノールはデリケートで不安定な成分なんだけど、肌にやさしく作用して水分や紫外線に影響されない処方を実現したのだそう。
他にも、DHCならではのオリーブバージンオイルやプラセンタなどの美容成分も配合。

品質を保つために密閉チューブを採用していて、安心感があるね。


5gの小さな容器なので、品質が変わらないうちに使い切れる。

テクスチャーは、とても柔らかクリーム状。

化粧水や乳液、クリームの後に使うタイプ。

なめらかに伸びて、ストレスなく使える。
肌にすっと浸透してべたつかないず、しっとりするのも心地良い。


シワや肌荒れが気になる部分には、さらに重ねると良いらしいので、私はアイクリームのように目まわりにもしっかりと使ってみた。
しばらく使い続けたところ、特に目の下のハリ感が変わった気がする。
目元の乾燥も改善されているようで、肌がふっくらとしてきたみたい。
以前にレチノール配合のものを使った時に、ちょっと刺激があったことがあるんだけど、DHC 薬用レチノAエッセンスでは、そういったこともなかった。


年来肌対策に、続けておきたいアイテム。
目元がはっきりすると、印象全然変わるもんね。

DHCオンラインショップ

にほんブログ村 美容ブログへ

美容液 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

理想のハリ肌に「インフィニティ アドバンスト モイスチュア コンセントレート」

肌の潜在能力を高めるとういうKOSEのインフィニティシリーズから、「インフィニティ アドバンスト モイスチュア コンセントレート」を使ってみた。

50mL 税抜8,000円

皮膚の水分保持機能を改善し、肌環境を立て直す薬用保湿美容液。
バイオテクノロジーで抽出した美容成分、エクトイン、ライスパワーNo.11などを配合。
エクトインは、砂漠や塩分濃度が高く乾燥が激しい塩湖などの過酷な環境の中で 生育する微生物に含まれるアミノ酸の一種で、水分や栄養素を保持する働き、肌ストレスによる細胞の老化・劣化を止める働きがあるそう。
ライスパワーNo.11は、医薬部外品の有効成分の効能として、 唯一「皮膚水分保持能の改善」効果を認可された成分で、数十種類のアミノ酸や、豊富なペプチド・糖類を含有しているとのこと。
肌自身のうるおい力を高め、エイジングサインの気にならない理想的なハリ肌に導いてくれるそうで、期待が持てるね。

高級感のあるパッケージも素敵。
プッシュ式で使いやすい。


洗顔後すぐに使うタイプの美容液で、1回に2〜3プッシュ。
少し白っぽくて、とろんとしたみずみずしいテクスチャー。

フローラルウッディの香りで、ちょっと懐かしいような化粧品の香り?がする。

肌に伸ばすと水のように変わって、どんどん浸透していく。
浸透シャワー処方を採用しているそうで、すっと心地良く肌に入り込むよう。


伸ばした後は、内側から持ち上がるようなハリがあり、肌がモチっとしてる。
化粧水を付ける前なのに、これだけでしっかりと潤っているような感触で、乾燥しない。
1回でも手ごたえを感じる美容液だ。
さらに、次に使うスキンケアアイテムの浸透力も良くなって、全ての力を底上げしてくれそうな感じがした。


使い続けることで、水分保持の力がさらにアップしたらいいな。


コーセーのキャンペーンに参加中[PR]

にほんブログ村 美容ブログへ

美容液 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

医薬品技術で肌に届ける「ジーネス メソラボラトリー エッセンス&ジェル」

美容室ブルームグループのコスメ「ジーネス メソラボラトリーシリーズ」を試してみた。


ジーネス メソラボラトリーシリーズの特徴は、エーザイフードケミカル株式会社監修のもと、特許技術「S/O サスペンション」を採用していること。
S/Oサスペンション技術とは、もともとは医療の分野で薬の浸透性、安定性を高めるため開発された技術で、高分子構造の有効成分を確実に経皮吸収させることができるというもの。
パッケージもちょっと医薬品っぽいイメージだね。

ジーネス メソラボラトリー エッセンス」は、アンチエイジングに有効とされているプロテオグリカン・α-アルブチン・ビタミンC・ビタミンEなどをS/O化し、真皮層まで到達させて機能を最大限に引き出すとのこと。

30ml 税込10,584円→税込8,468円

テクスチャーは、基本的にホホバオイル。
洗顔後、2〜3滴の使用で良いそう。


最初ちょっとテカテカするけれど、塗り過ぎなければ大丈夫。


肌に伸ばした後はべたつかず、馴染みも良い。
ほんとに少量しか使っていないのに、肌が乾燥しないのがすごい。
不安ながらも他のスキンケアアイテムを使わないで試してみたところ、ちゃんと朝までうるおいキープされていて、逆にいつもよりもモチッとしている印象。
少しお値段高めだと思ったけど、これならコスパも悪くなさそう。


ジーネス メソラボラトリー ジェル」は、脂肪溶解に有効とされているレシチン、イソラムネチンをS/O化していて、沈着した脂肪に働きかけ、フェイスライン、二の腕、おなか周りなどの部分痩せを叶えてくれるというもの。

100ml 税込12,960円→税込10,368円

ジェルというよりは、少しとろみのあるローションといった軽いテクスチャー。
気を付けないと垂れる。笑


でも、伸びが良くて、気になる部分に塗り込みやすい。
爽やかでユニセックスな香りで、使った後はサラッとしているので、お風呂上りに心地良く使える。
まだ痩せた、という実感はないけれど、しばし頑張ってみたいと思う。('_')ノ


ジーネス メソラボラトリー
にほんブログ村 美容ブログへ

美容液 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
Instagram
HMV ONLINE/エルパカBOOKS