Rin's Blog -Beauty-

『美は、心・技・体。』いつまでも、トータルビューティを目指して。

ヒト幹細胞培養液コスメ「プリマルーチェ ウルチメイトクリームステップル」

この年になってくると、肌にいくら美容成分を与えても追いつかない、と思うことがしばしば。
衰えていく細胞を活性化できたら…。
そんな思いに応えてくれそうな美容クリーム「プリマルーチェ ウルチメイトクリームステップル」を使ってみた。

40mg 税抜15,000円

再生医療の恩恵を受けて生まれた、ヒトの幹細胞から分泌される幹細胞培養液(ヒト幹細胞培養液由来成分)を配合した美容クリーム。
この幹細胞培養液は、国内最大級の美容展示会でも大注目のものだそうで、国内では細胞を活性化することで肌組織を若々しい状態に再生すると同時に、酸化や糖化を防いでくれるのだそう。
コラーゲンやヒアルロン酸・SOD(抗酸化酵素)・サイトカインなど、500種類以上ものタンパク質成分が含まれていて、その中にはなんと150種類以上の成長因子(GF)が含まれているのだとか。
シワ、シミ、たるみ、ニキビ、くすみなど、全ての悩みに対応できるマルチなクリームとのこと。

高級感のあるシルバーのパッケージ。


見た目は割とみずみずしい印象のクリーム。


手に取ってみると、見た目よりもコクを感じる。香りは特になし。


伸びが非常に良くて、肌への浸透も素早い。
全くべたつきはなく、塗ってすぐに肌がするんとした滑らかな感触になって、使い心地がいい。

保湿もしっかりされているようで、翌日も乾燥知らず。

しばらく使ってみて、最近衰え始めていた肌が、なんとなく持ち直した感じ。
短期間でも効果が実感できるので、使っていて楽しくなる。
これからは、コラーゲンを与えるのではなく、造り出す肌になれそうな気がした!


ヒト幹細胞培養液化粧品プリマルーチェ
にほんブログ村 美容ブログへ

 

クリーム・ジェル | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

目元の悩み全てをサポート「ミストラルコスメティクス アイ パーフェクション」

帰りの電車の窓に映る自分の顔を見て、目の下のクマにドキッとする。
幸い小ジワはあまりないけど、この頃クマとたるみはすっごい気になってきた。
そこで使ってみたのが、目の悩みに特化して作ったというアイクリーム「ミストラル・コスメティクス アイパーフェクション」。

15g 税抜8,000円

ミストラル・コスメティクスは、お知り合いの美容ブロガーでもあった笹本真理子さんが立ち上げたブランド。
「確実に綺麗になれるものを自分の手で作りたい」という想いから作られたブランドで、妥協しないモノ作りと探究心がポリシーだそう。
真理子さんが作ったものなら良いものに違いない!と期待して使ってみた。

こんな袋に入っていて、安心感がある。


さらに、エアレス容器というのも衛生的に使えて嬉しいポイント。


目元の肌悩みであるクマ・くすみ・たるみ・小じわなどへ複合的に働きかける12種類の美容成分を贅沢に配合しているそう。
中でも、目の下のクマにアプローチするものが一番多いらしい。
そして、負担になる界面活性剤は使わず、セラミドにより乳化しているんだって。新しいね。

テクスチャーはこっくりとしたしっかりめのクリーム。


伸びが良くて、ワンプッシュで両目の上下のまぶたを全部カバーできる。
目元にぴったりと留まってくれるんだけど、変にべたついたりはしなくて使いやすい。


数日使ってみたところ、目元にハリが出てきて、明るくなったようなイメージ。
これまでに使っていたアイクリームは、シワに良いものはあっても、クマやたるみにまでアプローチしてくれる程ではなかったので、すごく良いなと思った。
これからも続けてみたいと思う!

 

にほんブログ村 美容ブログへ

クリーム・ジェル | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

先進のナノカプセルが届ける「バイタル コンディショニング セラム」

ハリウッド映画の撮影前に、素肌のベースコンディションを上げるために採用されたという美容クリーム「バイタルコンディショニングセラム」を使ってみた。

50g 税込14,800円 →期間限定 税込8,800円

フランスと日本のドクターチームの共同開発で生まれた先進の浸透技術「正電化多重層ナノカプセル」の中に、リッチな有用成分をパンパンに詰め込んでいるそう。
正電化多重層ナノカプセルは、一般のナノカプセルよりも4倍も早く深く浸透する上、8倍も永く肌の内側にとどまって有用成分を放出し続けるんだって。
成分が届いて持続してくれないと、いくら良い成分でも意味がないもんね。


カプセルに入っているのは、注目度が高いエイジングケア成分、ラインファクターとフィトキン。
肌の土台からコラーゲンやエラスチンが生まれる環境をサポートするそう。
また、肌の保水力や弾力をつくる海洋性コラーゲンやヒアルロン酸、角質層のバリア機能を保護するスクワランやセラミドも配合。

テクスチャーはとっても柔らかくて、ジェルのようなみずみずしさがある。


するっと軽く伸びて、素早く肌になじんでいく。
この素早さが正電化多重層ナノカプセルのパワーかな。


肌になじんだ後は、べたつくこともなく、肌表面はするするとした感触になる。
エイジングケアにしては軽い感触なので、もしや乾燥するのではと心配したけれど、全くそんなことはなく、時間が経っても肌はしっとりと落ち着いたままだった。
無香料でシンプル、扱いやすいのに好感触♪

FINE VISUALシリーズはライン使いがオススメとのことで、他の原液美容液も同時に使っているけど、これもかなりお気に入り。
「ラメラ プロテクト ソリューション」のレポは→コチラ
「パーフェクション SP1」のレポは→コチラ


株式会社サイエンスボーテさんのブログリポーターに参加中
にほんブログ村 美容ブログへ

 

クリーム・ジェル | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

タマゴの力でエイジングケア「珠肌のうみつクリーム」

40代も後半になり、最近肌がしぼみがち。
ちょっとしたことで肌状態が悪く傾きやすくなったり、しっかり保湿をしていても何となく乾燥を感じてしまったり。
そのせいか、目の下にできるシワが気になるようになってきた。
そんな肌のために、京都で研究された話題の化粧品「珠肌のうみつクリーム」をモニターとして使用させて頂いた。

30g 税抜12,000円

珠肌のうみつクリームの一番の特徴は、「LOX活性卵殻膜」が配合されていること。
LOX(ロックス)とは、タマゴの卵殻膜にある成分で、ヒヨコの発育・誕生を守るように存在するもの。
ファーマーフーズは、最先端のバイオ技術でLOX活酵素の開発に成功したのだそう。
このLOX酵素が、肌バリア(角質層)を修復し、外部刺激から守ってくれるんだって。

LOX活性卵殻膜以外にも、EGF様・IGF様・FGF様の3種のペプチド、アミノ酸豊富な卵白ペプチド、分子量の違う2種のコラーゲン、分子量の違う3種のセラミド、3種の植物成分を配合。

パッケージがキラキラ模様で可愛い。


ほんのりと肌色で優しい印象のクリーム。


しっかりとしたコクがあるんだけど、なめらかなテクスチャー。


柔らかかで伸びが良く、とろりと肌になじんでいく。
シアバターが入っているせいか、とろけるような感触があって、その後にとろみ感がしっかりと肌にとどまってくれる。


伸ばした後は、肌がふっくら潤って、ハリがよみがえってくるかのよう。
夜にたっぷりと塗って、翌朝メイクしようとしたら、目の下のシワが目立なくなっていてビックリ。
肌のキメもいつもより整っているようで、メイク乗りも良かった。(*´▽`*)


詳細はこちらへ→珠肌のうみつクリーム
このページからだと、42%OFFの7,000円で購入可能。
さらに今なら、3大特典もついてくるよ。
・特典1 お試し7日分(税込2,800円)を無料でプレゼント!
・特典2 大人気の化粧水7包も無料でプレゼント!
・特典3 珠肌のうみつ以外の商品(対象商品)何個でも最大50%OFFで購入可能

私も頂いちゃった♪


にほんブログ村 美容ブログへ

 

クリーム・ジェル | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

ACO認定の植物の恵み「MOPオーガニックスキンケアバーム」

ACO認定オーガニックで、1つで顔も体も髪も保湿できるという「MOPオーガニックスキンケアバーム」を使ってみた。

30g 税込4,320円(定期購入 税込2,960円)

ACO(Australian Certified Organic)は、オーストラリアで最大のオーガニック認定機関。
元が食品向けの評価基準で、原材料の95%がオーガニック(有機)、残り5%の非オーガニック原料についても天然由来の植物製品でなければならず、世界で最も厳しいオーガニック認定基準と言われているそう。
その認定を受けたMOPオーガニックスキンケアバームは、もちろんすべてが天然由来の植物原料からできている。
シア脂、ミツロウ、ホホバ種子油、アルガニアスピノサ核油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ花油、ニュウコウジュ油、ダマスクバラ花油などが入っていて、すべてが有機認証原料。

ただ保湿するのではなく、たっぷりと栄養を与えしっかりと潤いをキープし、さらにその潤いを保護膜で守れるように考えて作られているとのこと。

開けようとしてまず困ったのが、フタが以上に固い。(;´Д`)
握力42の私が苦労したので、普通の女子は開けられないんじゃないかと。
閉めるのも変にきついし、ちょっとここは改善して欲しいな。


でも、フタを開けたら、アロマなイイ香りがふんわり漂って、一気に癒される♪


中のバームは、気温が低いせいか、かなりカチカチに固まってる。
天然成分故ですな。(゜-゜)


指先でクルクルすると、体温で溶けて、オイル状に変わる。


固まってるままだとちょっと使いづらいので、付ける前に手の平に広げて、オイル状にしてから肌に塗り広げるのがおすすめ。
最初はバームっぽいテカリがあるんだけど、しばらくするとなじんでくれる。
メイク前に使うのはオイリー肌の私にはちょっとキツイ感じだけど、夜に塗って寝てみたら、朝起きた時の守られ感がかなりあった。

特に乾燥が気になる時は、さらに蒸しタオルを乗せてパックするといいとのこと、実際にやってみたら、これがなかなか。
もっちりとしたうるおい肌になって、乾燥知らず。
年齢肌にも良さそう。

顔だけじゃなく、体にも使えるというのも便利。
毛先がパサつく時も、少しつけるとまとまり感が出た。

バームって少し扱いにくさはあるけれど、乾燥が気になる方には良いと思う。(b´∀`)


ゆうちゃん.jp
にほんブログ村 美容ブログへ

クリーム・ジェル | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

W美白に進化「パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル」

オールインワン国内売上No1を誇るパーフェクトワンより、2017年2月1日にリニューアル発売となった新日本製薬 の「パーフェクトワン 薬用ホワイトニングジェル」。
(新製品発表会のレポは→コチラ
早速使ってみました。

75g 税込4,860円

化粧水、乳液、クリーム、美容液、パック、化粧下地の6つの機能をそなえ、ワンステップで美白ケアも保湿も叶えてくれるオールインワン。

リニューアルで進化したポイントは、まず美白へのアプローチ。
メラニンの合成を抑えるアルブチンが加わり、メラニンの生成指令を止めるトラネキサム酸とともに、ダブルでメラニンをブロックしてくれるそう。
さらに美白サポート成分として、天草フラボノイド、天草抽出液、ワイルドタイムエキスを新配合。

糖化へのアプローチとしては、たんぱく質の糖化を抑えるウメ果実エキス、白大豆発酵液を新たに配合。
保湿にもこだわり、自社開発の複合型リフティングコラーゲンEXに加えて、肌荒れ防止ヨクイニンエキスが新配合となった。
そして、有効成分を肌のより深くまで届ける浸透技術「スムースアプローチ処方」で、効かせたい成分を効かせたい場所に。

内蓋に専用のスパチュラがついてる。


乳白色の見た目はクリームっぽい感じ。


手に出してみると、みずみずしくとろんとしたジェル。


程良い弾力があって、するすると軽く伸びる。
感触としても、クリームとジェルの中間のような柔らかさで、適度なコクがある。


伸ばした後は、スッと浸透する。
オールインワンにありがちなべたつきや被膜感がなく、心地良く使えた。
下地の効果もあるとのことなので、この上にファンデーションを直接使ってみたところ、予想以上にフィット感が良い。
オイリー肌の私にはちょっと崩れやすい感じはあるものの、普通肌の人だったら、ほんとにこれ1アイテムで下地まで完了してしまえると思う。

夜も、たっぷり塗って寝ると乾燥知らずで、朝の肌もしっかり潤ってた。
時間のない時にはかなり重宝しそうだ。

美白効果はすぐには実感できないものだけど、塗った後は潤って透明感が増した感じがして、期待して使っていきたくなる。


新日本製薬

にほんブログ村 美容ブログへ

クリーム・ジェル | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

キールズの新商品で潤いたっぷり肌&唇に♪

先日のキールズ新製品発表会で、お土産に頂いた3商品を早速使ってみた。
(発表会の記事は→コチラ

まずは私の中でイチオシの、2017年2月10日発売の「キールズ クリーム PV」。

50g 税抜6,500円

スキンケアでは世界初の組み合わせ、マヌカハニー&高麗人参根エキス配合。

甘いハチミツと高麗人参の香りがして、ちょっと漢方のような自然を感じる香り。
色もナチュラルで、そのままという感じがいいね。


ハチミツのイメージから、重めのべたつく感じを想像してしまったけれど、これが予想外に滑らかな軽めのテクスチャー。


コクはしっかりあるのに、肌表面がべたつかず、さらっとしっとり。
かといって物足りないわけでなく、保湿感も長続きする。


朝のメイク前でも使いやすくて、日中の乾燥からしっかり守ってくれた。


同じく2017年2月10日発売の「キールズ バタースティック リップトリートメント」は、全5種のうち、ローズとベリーを頂いた。

各4g 税抜1,900円 SPF25

パッケージがすごく可愛い♪

体温でとろけるように滑らかに塗れるので、直塗りがオススメ。
どちらもほんのりとした色づきで、ナチュラルな血色感を作ってくれる。


トリートメント効果もばっちりで、ベールのように唇を守ってくれる感じがした。
UV効果もあるので、くすみ対策にも役立つ。

ローズは、自然に赤みがさしたような唇になって、誰にでも使いやすいカラーだと思う。


ベリーは、さりげない色づきながらも、ちょっと大人な雰囲気。
いかにも塗ってます、という感じじゃないところが、絶妙なさじ加減!

 


ラストは、2017年1月20日発売の「キールズ ミッドナイト ボタニカルクレンジングオイル」。

175ml 税抜3,800円
W洗顔不要で、スキンケア効果まである嬉しいクレンジングオイル。

オイルのありがちなベタっとした感触は全くなく、さらっととろんとしてる。

ラベンダーの素敵な香りが癒される。

先ほどのバタースティック リップトリートメントと、手持ちのアイライナーで、メイク落ちを試してみた。


肌に乗せてくるくるするだけで、綺麗に落ちていく。


少しメイクとのなじみに時間がかかる感じはあるけど、水を足して乳化してからの手間がかからないのがすごく楽。

さらに、落とした後のしっとり感は感動モノ。
洗顔した後とは思えない仕上がりで、慌ててスキンケアしなくても全然平気で、そのままでもいけるんじゃないかと思えるほど。


さすがキールズ、どれも期待を裏切らない使い心地だった。
これからも愛用させて頂きます♡

 

キールズ
にほんブログ村 美容ブログへ

 

クリーム・ジェル | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

低刺激で高保湿!「ロベクチンプレミアムクリーム」

米国TOP4の化粧品製造メーカーHCT社が製造する、低刺激・高保湿のオリジナルスキンケアブランド「ロベクチン」。
世界で発売わずか2年間で100万本を突破するという実力派の保湿クリーム&ローションのうち、「ロベクチン プレミアム クリーム」を使ってみた。

50ml 税込7,560円

ロべクチンのシリーズは、もともと、抗がん剤治療や放射線治療の副作用として起こる、酷い乾燥や肌荒れのケアとして開発されたのだそう。
そのため、非常に低刺激かつ高保湿で、敏感肌・乾燥肌の方も安心して使えるとのこと。

肌のバリア機能に着目していて、天然脂質のセラミドNPとナイアシンアミドを使い、独自技術で疑似的にスキンバリアを再現しているというのがスゴイ。
その上、アスタキサンチン・セラミド・シア脂・ヒアルロン酸・アラントインなどなど、美容保湿成分が16種類も配合されていて、美肌やエイジングケアを目指す人にもぴったり。

シンプルなパッケージで、ハンドクリームのよう。
顔だけじゃなく、全身に使うことができるんだって。


ほんのりベージュの、柔らかなクリーム。
少し粘りがあるような、濃密さが感じられる。


顔全体でパール1粒大が目安とのことで、実際に手に出した時は少なめに感じたんだけど、これがすごくよく伸びる。


伸ばしている最中はコクを感じるクリームなのに、すすっと浸透していって、伸ばした後は肌がサラサラでスベスベ。
全くべたつきがなくて、するんとしっとり肌になる。
とても保湿クリームを塗ったとは思えない肌表面なのに、保湿はしっかりされているという素晴らしさ。
これは気持ちイイ!!

刺激も全くなくて、肌荒れの時も気にせず使えるというのに、この素敵な使用感。
朝のメイク前でも大丈夫だし、すごく使いやすいクリームだと思った。


1週間ほど使い続けてみたけれど、乾燥もしなくて、肌調子もGood。
日本でも発売以来人気急上昇中だそうで、確かにこれは一度使ったらハマると思う。
保湿クリーム探しの終着点と呼ばれているのも頷けるアイテムだ。


ROVECTIN by JBRM

にほんブログ村 美容ブログへ

クリーム・ジェル | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

上向きハリ肌「KOSE 米肌 肌潤化粧水&活潤リフトクリーム」

もうスキンケアも秋冬仕様に変えないとね。
KOSE米肌シリーズの「上向きハリ肌 秋のエイジングケア」におすすめアイテムをお試しさせて頂いた。

KOSE米肌 肌潤化粧水 120ml 税抜5,000円
KOSE米肌 活潤リフトクリーム 40g 税抜7,000円


米肌に配合されている「ライスパワーNo.11」には、数十種類のアミノ酸やペプチド、糖類が、生体に理想的なベストバランスで含まれていて、水分保持能の改善効果が報告されているのだそう。
うるおいが欲しい秋冬の肌にはぴったりだね。


高保湿化粧水「KOSE米肌 肌潤化粧水」は、ライスパワーNo.11以外にも、ビフィズス菌発酵エキスや大豆発酵エキスといった保湿成分が配合されている。


とろんとしたとろみがあって、なめらかな使い心地。
発酵によってできるテクスチャーだそう。


肌に伸ばすと、するすると肌に入っていく。


角層柔軟オイルが角層同士の結合を一時的にゆるめ、美容成分が浸透しやすい状態に整えるんだって。
かなりしっとりなんだけど、べたつきはほとんどない。
満足感のある潤いたっぷりな肌になる。


発酵系のスキンケアってニオイが気になるものもあるけど、米肌は全然大丈夫。
心地よく使えるよ。


2016年10月3日に発売された「KOSE米肌 活潤リフトクリーム」は、弾力低下と乾燥から守ってくれるエイジングケアクリーム。


ライスパワーNo.11、米ぬか・大豆発酵液、発酵ヒアルロン酸など、エイジングケアのために10種類の美容成分配合。


コクがあるリッチなテクスチャー。


ちょっとぷるんとしたみずみずしさもあって、体温でとろけながらするっと肌になじんでくれる。


こちらもべたつきがなくて、しっとりもっちり。
ハリ感成分が配合されているそうで、確かに、肌がぴんっとなる感じがする。
それが翌朝までもちゃんと持続してくれているのが嬉しい!

まだ使い始めてそんなに経っていないのに、乾燥しないせいか、肌調子が良くなってきたみたい。
米肌のおかげで、この冬が楽しみになるかも。(*´ー`)


KOSE米肌アンバサダープログラムのモニターに参加しています

にほんブログ村 美容ブログへ

クリーム・ジェル | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

王妃美容「BARAKA ロータス ウォータードロップ クリーム」

あのクレオパトラへの美の献上品を現代に再現したというスキンケアブランド「BARAKA(バラカ)」。
BARAKAはアラビア語で「神の恩恵」を意味するのだそう。
その恩恵を私も受けたい!と思い、「ロータス ウォータードロップ クリーム」を使用中。

50ml 税抜11,000円


肌の内側から発光するような水輝肌へと導く、オールインワンタイプの高機能水分クリーム。 化粧水、乳液、美容液、クリーム、化粧下地の5役を兼ねていて、洗顔後にこれ一つでOK。
潤いを与えるロータス(ハス)花エキスが70%以上配合されているんだって。

ショップチャンネルでお得価格になっていたので、実はリピ2個目。(*´σー`)
この可愛いピンクのクリームの感触がやみつきで。


みずみずしくて、ジェルに近いテクスチャー。


これが、肌の上に乗せると、水滴のようになる。

ロータスの葉の表面で転がる朝露をイメージしているそうで、不思議なテクスチャー。
そして、さらになじませると、水分カプセルがはじけてすっと浸透し、潤いったっぷり!
べたつきもなく、肌表面はさらりするのに、水のヴェールをまとったかのようなしっとり感がある。

一般的なオールインワンだと帯に短したすきに長し、ってことがよくあるんだけど、ロータス ウォータードロップ クリームはかなり好みの使い心地。
スキンケアはあれこれ付けたい派の私でも、これ一つで満足できちゃうくらいツボ。


時短したい時にはもちろんだけど、スペシャルケアとしてクリームパックにも使えちゃう。
一つ持ってると便利なアイテム♪


BARAKA(バラカ)
にほんブログ村 美容ブログへ

 

クリーム・ジェル | permalink | comments(0) | trackbacks(0)
Instagram
HMV ONLINE/エルパカBOOKS